精神病の診断を受けて病を治そう【休息を取るべき】

無理をせず治療を続ける

看護師

支援制度も利用できる

自分の心が病んでいるせいで、仕事に集中できなくなってしまったからといって、処方された治療薬を大量に飲んでしまうのは危険です。治療薬の種類によっては、大量に摂取する事で依存症を発症してしまったり、脳や血管などに負担をかけたりする事になってしまいます。病院で処方される治療薬は、心と身体の健康を保つ事を第一に考えて、処方される量が決まっている事を忘れないでください。精神病の診断を受けた後には、自分が治療を行っている最中だという事を、会社に理解してもらう事も重要です。治療中であるにもかかわらず、以前よりも仕事の量を増やされてしまったせいで、精神病が悪化してしまう人もいます。病院で精神病の診断を受ける際には、職場と話し合いながら休日を増やしてもらう方法なども、医師からアドバイスを受ける事が可能です。自分一人で職場と相談をする必要があると考えずに、医師からアドバイスを受けながら、休日を増やす方法について考えてください。どうしても仕事が休めないのであれば、疲れを溜め込まずに心と身体を休めるコツなども、病院で相談しておく事を推奨します。精神病の治療を集中的に行いたいのであれば、入院治療という選択肢がある事も忘れないでください。金銭的に余裕が無いので、医療機関で心の病の治療を受けられないと考えている方々は、自立支援医療制度を利用してください。一定以下の所得しかない方々も、一ヶ月あたりの負担額の上限を設ける事によって、公費の支援を受けながら精神病の治療を続けられます。生活保護世帯の場合は一ヶ月あたりの負担額の上限は0円で、本人収入が80万円以下であれば、一ヶ月あたり2500円ほどの負担額で治療を受ける事が可能です。この制度を申請するのは病院ではなく市町村の窓口で、制度を利用する事によって医療費の自己負担額が、原則として1割に減額されます。一定以上の所得がある人は制度の対象外となりますが、中間所得層なども自立支援医療制度を利用しながら、社会復帰を目指す事ができます。金銭的に余裕が無くなるのが嫌だから、精神病の診断を受ける気になれなかったという人も、気軽に医療機関を頼る事ができると考えてください。病院では投薬治療ばかりが行われているのではなく、集団療法なども受ける事ができて、他人と会話を楽しむ事もできます。周囲に味方がいないせいで心を病んでしまったり、他人と接するのが辛いと感じたりしていた方々も病院で診断を受けて、自分に合う治療を始めてください。

Copyright© 2018 精神病の診断を受けて病を治そう【休息を取るべき】 All Rights Reserved.